高気密とは?気密することの利点を学ぼう!


住宅における【高気密】とは、隙間をなくすことです。
住宅の高断熱化は勧められていますが、同時にしなければならない気密については全く話題になりません。

さて、皆さまは高気密住宅にどのようなイメージをお持ちですか?

 

『高気密にすると、息苦しさを感じるのではないか?』
『たまに換気扇をまわしているし、寒くなるから必要ない』

 

実際には違うのですが、気密についてお話しするとこのような意見を耳にすることがあります。
では、どうして住宅の気密化が必要なのでしょうか?

 

私達は、住宅の高気密化をすることのメリットは、下記の3点になると考えています。

 

1:熱損失の軽減
2:適切な換気計画
3:内部結露の防止


 

1:熱損失の軽減

高断熱化をしていくと外気の影響を受けにくくなるため、冷暖房に使用するエネルギーは当然減ります。
ですが、高気密化をしていない住宅は、右の絵のように隙間から空気が流入してくるために換気による熱損失が大きくなります。
そのため、高断熱化だけを進めても、ある一定以上の効果が現れなくなっていきます。

 

 

2:適切な換気計画
 
気密の低い住宅は、強風時などに風圧で換気が過剰になったりします。
冬は隙間風を感じる事もあるかと思いますが、これは室内の暖かい空気が外に出ようとする働きがあるため。
窓が結露する事も、換気不足による要因の一つです。
また、気密の低い家で計画換気をしようとしても、室内が負圧の時に隙間から空気が流入してきちんとした換気を行うことができません。

 

気密の低い家のイメージしてみましょう。
右の絵のように、コップの中に水を入れて、ストローに数カ所穴を開けて水を吸ってみて下さい。この時、コップの中の水は室内の空気で、ストローに開けた穴は無駄な隙間、吸っている口は排気口です。
実際にやってみるとわかりますが、ほとんど水を吸う事ができません。
隙間が多いと適切な換気ができないことが、この実験でもわかります。

 

 

換気のための高気密化とは給気と排気、つまり空気の出入り口をはっきりとすることが大事で、そのため計画的に一定の換気を行うことができます。

高気密と計画換気は一体に考えて下さい。どちらか一方だけを行ってもあまり意味がありません。
計画的な換気をするためにも、相当隙間面積C値は少なくとも C = 1.0 cm2/m2 以下、理想は 0.5 cm2/m2 以下を目標にしてください。


水野建設が現在まで施工した15棟の平均C値は
平均C値 C = 0.15 cm2/m2です。

 

 

3:内部結露の防止
 
高断熱化を行い高気密化を施していない家は、冬に室内の湿った空気が隙間から壁体内に侵入し、冷やされ、結露おこします。
これが、内部結露と言うものです。
グラスウールを用いた断熱工法で内部結露を起こすと、濡れたことで空気層が潰れてしまい断熱効果を失ってしまいます。
気密をすることで、隙間風をなくし内部結露を防ぐことに繋がります。

 


換気はお金がかかる?

 

高気密住宅で勘違いされがちですが、『窓はいつも閉め切っておかないといけない』というわけではありません。
夏は帰宅時に窓を開けて通風すると室内の温度を下げることができ、冷房エネルギーの低減につながります。
春や秋のように過ごしやすい気候の時は、窓を開けて換気する事もよいでしょう。
冬にストーブ等で暖を取る方は、計画換気だけでは換気不足になる可能性もありますのでご注意ください。(特にFF式等は危険!)

 

高気密住宅は、機械による強制換気(第1種か第3種、第2種は稀)が必要なため、自然給気と比べて電気代が発生します。
計画的に換気を行うことができるため過剰な換気もされず、無駄な熱損失を防ぐことができ冷暖房費の軽減に繋がりますので、機械換気を導入したからと言ってランニングコストが大きく増えるという事はありません。

 

当店が採用している機械換気の月々のランニングコスト(諸条件で変わるため、どちらも目安)

第3種計画換気システム : 80円/月
第1種計画換気システム : 500円/月

※35坪の一般的な住宅で24時間稼働させて0.5回/h以上の換気の場合と想定


気密の測り方は?
 

気密測定は左の機械で測定します。
簡単に説明すると、室内外に圧力をかけ、その圧力の差で隙間がどれだけあるのかを測定します。
出てきた数値は『C値 = 相当隙間面積』と呼ばれ、この数値が小さければ小さいほど
隙間がない = 気密が良い家 となります。

 

住宅の高気密化は熱損失の面でも換気効率の面でも、十分効果があります。

 

水野建設は、高気密住宅全棟において気密測定を行います。
測定された数値はお施主様やブログにて公表いたします。