家の老朽化により建替えS様邸


家の老朽化により建替えS様邸


長年住まわれた家の老朽化により、建替えの決意をされたS様。
冬場の結露対策や冷暖房の効きを考慮し、高気密外断熱住宅を選択していただきました。

 

 

 

お客様をお迎えする玄関は広く取り、収納は家族用入り口側(写真右)に設けた事で、スッキリ広々とした空間を演出しています。
リビングには畳コーナーと掘りごたつを計画。
リビングの床よりも、40cmほど高くする事で、腰掛スペースとしても利用できます。
また、じゅうたんを収納できるできるよう収納スペースを確保しました。

大きな屋根面を利用して、太陽光発電装置を設置し住宅設備はオール電化へ。
毎日の発電量をモニターにより確認できますし、電気の上手な利用で光熱費の削減も期待できます。
冬場の結露もなくなり、エアコンもそんなに効かせなくてもよい、とお客様には喜んでいただきました。
新築するならば高気密外断熱住宅をおすすめです!