床材張替工事


床材張替工事



老朽化により古くなった、店舗の床材張り替えをさせていただきました。

 


開業時から張っていたPタイル。
一部剥がれていたり、色も落ちてくすんでいます。土足で上がる場所なので、雨や湿気の影響もあったのかもしれません。
部分的に補修するぐらいなら、せっかくだから店内を明るくキレイしたいというオーナー様の要望もあり、今回は【重歩行長尺シート】の明るめの色で張り替える事になりました。
まずは、既存のPタイルを道具を使って剥ぎます。
この作業が一苦労…!!一番の大仕事です。
油断していると手をケガすることもあるので、注意しながら施工を進めていきます。
特にはがれにくい所は機械を使います。ガリガリガリ…
剥ぎ終わりました。
モルタル下地を削ってしまったところや、下地面があまりきれいでないところは補修します。
専用のモルタルなどで仕上げて乾燥させます。
重歩行長尺シートの仮合わせをし、適当な長さで裁断します。
専用の接着ボンド材を塗布し、下地面を乾燥させ、張り合わせていきます。
壁との取り合いを裁断して、床部分を張り終わりました。
最後にシート同士の継手となる部分を溶接し、カッターで余分な溶接棒を除去します。
店内の入り口の継ぎ目はシーリング材を打って、水が下地に入りにくいようにしています。
完成です!!
白を基調としたことで店内が明るくなり、キレイになりました。
オーナー様、社員一同様にも大変喜ばれています。今回使用した床材
サンゲツ:S-FLOOR ストロング・カレット 4,150円/㎡(8,300円/m)税別

 

今回のリフォーム金額:約30万円