便器の改装(介護保険使用)


便器の改装(介護保険使用)



「母親が歩行に少し支障ができたので、トイレを使いやすくして段差をなくして欲しい」との依頼です。
同時に、便器の取替えもお願いされました。
介護認定を受けているとの事でしたので(要支援1)介護保険の住宅改修制度を使って施工しました。

 

 

 



洋式トイレが取りついていますが、便器の先端から壁までが約15センチしかありません。
元々は和式便所で、配管位置は替えずに洋式を取り付けたのでは?と想定。
本来この建物は3軒長屋だったらしく、1棟にする際に色々と手が加えられた結果、こうなってしまったのかもしれません。
とにかくこのままでは誰もが使いにくいので…何とか知恵を絞ってみます。

 


敷居と床との段差が40ミリあります。
障害者や高齢者だけでなく、健常者でもこの段差は気になるところ。
敷居を撤去して隣室との床レベルを合わせることで、段差をなくすことにします。


改装後はコチラ。

今の間口を生かしてできるだけ便器を後ろに下げて、誰もが使いやすい空間となりました。
もちろん、ウォシュレット機能も完備。
操作は壁に取り付けたリモコンで行います。
立ち座りもしやすいように、手摺りも取り付けました。


『利用者(お母様)の状態から考えると、便座の高さを床から450ミリぐらいの位置にあるとよいでしょう』
との作業療法士の診断により、補高便座(座面を嵩上げするもの)を取り付けて高さを確保しました。
通常だと床から便座の高さ(腰かける高さ)が418ミリなのですが、30ミリの補高便座を取り付ける事により448ミリに嵩上げされて座りやすくなりました。

 

 


敷居を取り外して床レベルを揃え、段差を解消しています。
40ミリあった段差は3ミリ以内に押えました。
つまづく心配もなくなりました。

 

 

 

 


40ミリあった敷居を取ったことで、ドアの長さが短くなってしまいました。
ドアも古く痛んでいたので、取り替えることにします。
取っ手をレバーハンドルにし、開閉を簡単にできるようにしています。
トイレのスイッチはトイレの中に移動したので、スコープ(電気がついているか確認できる小さな窓)はドアに取り付けていません。

 

 

 

 


介護保険の範囲:手摺の取り付け・段差の解消(敷居の撤去)
工期:2日(解体~トイレ据え付け・内装まで)
トイレ:TOTO ピュアレストQR ウォシュレット付補高便座